< 長続きするダイエット | Home  | 肥満の2大要因 >

スポンサーサイト

quote

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットで重要な体脂肪

quote 痩せてるか太っているかの判断を、体重だけで判断するのは危険です。

なぜなら痩せていてる、あるいはダイエットで痩せていても体脂肪が多ければ、それはいわゆる隠れ肥満なのです。

逆に少し体重が多くても体脂肪が低ければ肥満ではないことになります。

肥満も様々な生活習慣病の危険がありますが、怖いのは自覚しにくい隠れ肥満です。

なぜなら、痩せて見えるのに脂肪が多いのは、筋肉が減っていることが考えられます。

そうなると基礎代謝が下がり、肥満になりやすい、あるいはリバウンドしやすい体になっていることが考えられます。

なので何度もリバウンドを繰り返している人は、最悪の状態です。
筋力を付けない限り、この先もリバウンドを繰り返すことになりますから、まず筋力の回復をしましょう。

成人の体脂肪の基準値は以下の通りです。
男性: 15%~20%
女性: 20%~25%

この基準値を超えている人は、脂肪を減らすのも大事ですが、筋力を増やすこともそれ以上に重要だと言うことを覚えていた方が良いと思います。

ちなみに脂肪と筋肉の体積は違います。
脂肪が0.9に対して筋肉は1.1ですので、同じ重量であれば20%程脂肪が多く見えることになります。

このことからも痩せたのに体脂肪が変らないのは、脂肪よりも筋肉が減った可能性が高いので注意が必要です。

スポンサーサイト

Comments

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。